コナン作者・青山剛昌の自宅や仕事場はどこ?大豪邸でスゴイ!

テレビ

今回は大人気コミック『名探偵コナン』の作者・青山剛昌先生についてです。

国内にとどまらず全世界で愛されているコナンは

総発行部数が2億部を超えています。

そんな大ヒット作を生み出している青山先生の自宅や仕事場は

一体どこにあるのでしょうか?

よくテレビでも特集されていますが

気になるので調べてみました。

引用元:https://www.asahi.com

プロフィール

本名     青山剛昌 あおやま よしまさ

生年月日   1963年6月21日

血液型    B型

出身地    鳥取県東伯郡大栄町(現・北栄町)

出身校    鳥取県立由良育英高等学校→日本大学藝術学部美術学科絵画コース

1986年少年サンデーにて『ちょっとまってて』でデビュー。

1994年から週刊少年サンデーで『名探偵コナン』の連載を開始。

代表作に『まじっく快斗』『YAIBA』『4番サード』など。

コナンのイメージが強すぎて他の作品が薄れてしまいがちですがどれも名作ですよね。

しかしコナンは誰でも知っている大人気コミックですね。

映画も毎年公開されていますしとどまることを知りません。

コナンの連載当初は「マガジン」で「金田一」がヒットしていたので

推理マンガを描いてくれないかとの打診で描き始めたみたいです。

青山先生は乗り気ではなく3ヶ月で終わるだろうと思っていたようです。

ところが描いてみればこんな大作に。

なにがあるかわかりませんね。

スポンサードリンク

自宅や仕事場はどこ?

ところで青山先生の自宅や仕事場はどこなのでしょう?

よくテレビの取材がありますが

もちろん外観は映っていません。

個人情報になりますからね。

引用元:http://papipu2ch.blomaga.jp

調べてみると東京都足立区に住んでいるとの情報がありました。

区での納税が多いとのことで住所も貼りだされていたとか。

10年以上前の情報なので定かではありませんが

忙しい青山先生はたびたび引っ越しなんかできませし。
足立区は元妻の高山みなみさんの地元でもあります。

結婚されて住まいをそこにしたのでしょうか。

仕事場は都内のタワーマンションだそうです。

アシスタントの仮眠室も完備されていたり

トリックを生みだす部屋まであるんだとか。

足立区もタワーマンションありますし

その辺りだと考えられます!

スポンサードリンク

まとめ

私もコナンは大好きで毎週見ています。

子供の名前にも付けている程ですから!(^^)!

青山先生の豪邸を一度でいいから見てみたいですね。

2018年4月には休養から復帰したので

これからの新作に期待しています。

これからもまだまだコナンから目が離せません!!!

スポンサードリンク

コメント