【2019】ヤクルトが弱い理由は小川監督?後任は宮本コーチか?

野球

こんばんは、ランママです。

ヤクルトが弱すぎて大変なことになっています。

今日はヤクルトが弱い理由は小川監督で後任は宮本コーチになるのではないか?

と思ったので、そのあたりについて書いていきます。

関連記事:ヤクルト15連敗!弱すぎる理由は投手か野手の打撃か?それとも・・

スポンサーリンク

2019年のヤクルトが弱すぎる

5月30日の今日、広島に13-0で負けて遂に14連敗となりました。

投手は打たれる、打者は打てない、野手はエラーをする。

今日の試合を見ていましたが、かなりヤバイ状況だというのがテレビからも伝わってきました。

2019年のヤクルトが弱い理由は小川監督?

ここまで弱いと監督の責任という話が必ず出てきます。

小川監督の今日のベンチの表情を見ていても、非常に険しい表情をしていました。

打ってダメ、投げてダメ、守ってダメとなると、メスを入れないといけない場所が多すぎて、すぐにチームを再建することは困難です。

6/4〜6/22まで交流戦が始まりますが、交流戦が終わったぐらいに小川監督は休養に入る可能性があるのではないかと思っています。

シーズン途中で監督が辞める際は、まずは休養で前線からいなくなるというのが定石ですからね。

後任は宮本コーチか?

小川監督がシーズン中に交代するとなると、後任として最も可能性が高いのが現在のヘッドコーチの宮本コーチです。

ゆくゆくはヤクルトの監督になるとは思っていましたが、思ったより早く出番がやってきそうな雰囲気ですね。

今日の14連敗かつ得点0で、一気に監督交代はは現実味を帯びてきたのではないかと思います。

宮本コーチの指導方法は、ザ・昭和の厳しい感じと聞きます。

それが今のヤクルトとマッチするかどうかはわかりませんが、期待はしてしまいますよね。

まとめ

ヤクルトが弱い理由は小川監督で、後任は宮本コーチになるのではないか?ということについて考察してきました。

交流戦を目前にヤクルトが14連敗という大変なことになっています。

チームが弱ければ、監督が責任をとるのが当たり前のことなので、近々宮本ヘッドコーチが監督になるのではないかと思います。

宮本コーチになったら、一からチームを立て直して欲しいですね。

関連記事:ヤクルト15連敗!弱すぎる理由は投手か野手の打撃か?それとも・・

野球
スポンサーリンク
シェアする
madamyoをフォローする
スポンサーリンク

コメント