横浜シーサイドライン逆走事故の原因は居眠りか機材トラブルか?

ニュース

こんばんは、ランママです。

衝撃のニュースが飛び込んできました。

横浜シーサイドライン逆走事故の原因は居眠りか機材トラブルか?について調べてみました。

スポンサーリンク

横浜シーサイドライン逆走事故の概要

6月1日20時15分頃、横浜市を走る横浜ーシーサイドラインが逆走をし、車止めにぶつかる事故が発生しました。

乗客20人程が怪我をしているようで、数人が重症との情報が出ています。

ただ、命に別状はないとのことです。

横浜シーサイドラインとは

シーサイドラインは平成元年に開業した「新交通システム」と呼ばれる交通機関で、横浜市磯子区の新杉田駅と横浜市金沢区の金沢八景駅を結ぶ路線です。

第三セクターの「株式会社横浜シーサイドライン」が運営していて、経費の節減と運行の安全性を高めるためとしてすべての車両に無人運行のシステムが導入されているということです。

横浜シーサイドライン逆走事故の原因は居眠りか機材トラブルか?

横浜シーサイドライン逆走事故の原因は居眠りか?

普通に考えれば、電車が逆走するというのはまずありえません。

可能性としてまず考えたのが、居眠りしていて慌てて発車してしまい操作を誤り、本来向かう方向とは逆に発車してしまったということです。

もし居眠りが原因であれば、完全に車掌さんのミスということになります。

横浜シーサイドライン逆走事故の原因は機材トラブルか?

もう1つ考えられる原因は、機材のトラブルです。

車掌さんが本来発車したい方向とは逆に、本人の操作とは関係なく発車してしまたっということです。

もし機材トラブルによる逆走なのであれば、車掌さんもかんり気の毒ではありますが、メンテナンスなど管理責任が問われることになります。

まとめ

電車が逆走するという、前代未聞の事故が起きてしまいました。

現在20人程が怪我を負っているという情報がありますが、全員が命に別状がないことを心から祈ります。

そして、なぜこのようなありえない「逆走」というようなことが発生してしまったのが、二度と同じことが起こらないよう、原因を救命してもらいです。

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
madamyoをフォローする
スポンサーリンク

コメント